サーロインとリブロースの違いをお肉のプロが徹底解説!

どう違う? 「サーロイン」と「リブロース」の特徴を知ろう

「サーロイン」と「リブロース」はどちらも人気の部位。でも「名前は聞いたことがあるけれど、違いはよく分からない……」、そんな人も多いはず。今回は、牛肉の「サーロイン」と「リブロース」についてご紹介していきましょう。

さまざまな呼び名で愛されている「リブロース」

rib roast before cooked

「ロース」という部位は牛の肩から腰にかけての肉(肩ロース、リブロース、サーロイン)の総称です。その中でも「リブロ―ス」は肉質がきめ細かく、霜降りも入りやすい上級部位。海外ではリブロインと呼ばれることも多く、アメリカではリブアイロール、オーストラリアではキューブロールと呼ばれ親しまれています。

よく生育した牛の「リブロース」は、霜降りで細かく脂が入っているため、熱を加えると肉汁が溶け出してジューシーでとろけるような食感に。肉の旨味をしっかりと感じることができるので、ステーキ、焼肉やバーベキュー、ローストビーフといった、肉そのものを味わえる料理でいただくのがおすすめです。

美味しさに感激した英国王から貴族の称号を与えられた「サーロイン」

sirloin before cooked

「サーロイン」は、赤身肉の中に適度に脂が入り込み、赤身肉の凝縮した味わいも脂身のジューシーさも併せ持つ“良いとこどり”の部位。       

「ロイン」には「肋骨と骨盤の間にある、背骨の両側の肉」という意味があり、「サーロイン」はその中の一部分に当たります。“サー”については諸説ありますが、「英国王が晩餐会で食べた牛肉料理の美味しさに感激し、“サー”の称号を与えた」という逸話も。そのとき使われた牛肉が「サーロイン」に当たる部位だったと言われています。

ステーキはもちろん、表面をさっと焼いて薄切りにするタタキ、かたまり肉を使うローストビーフなど、どんな焼き方でも美味しくいただける優秀な部位です。

サーロイン、リブロ―スで作る美味しい「ローストビーフ」レシピ!

How to cook delicious roast beef

お肉の味を存分に楽しめる「サーロイン」と「リブロ―ス」は、どちらも美味しいローストビーフを作るのに適した部位。それぞれの部位で作るローストビーフの特徴についてご紹介しましょう。

<サーロイン>

「サーロイン」で作るローストビーフは、“肉の旨味”を存分に感じられるのが特徴です。 特に輸入牛のサーロインは、脂が少ないため冷めても硬くなりにくく、ローストビーフに最適です。

<リブロース>

「リブロース」でローストビーフを作る場合も、脂が少ない輸入牛が向いています。産地によって脂の量に特徴があり、アメリカ産牛肉が最も少なく、オーストラリア産牛肉はやや多め、ニュージーランド産牛肉はちょうどそれらの中間くらいです。

サーロインやリブロースで♪「ローストビーフ」

<材料>(3~5人分)
  • 牛かたまり肉(サーロインまたはリブロース)⋯⋯300~500g
  • オリーブオイル⋯⋯大さじ1程度
  • ミートガイの「ステーキスパイス」(または塩・コショウ)⋯⋯大さじ1程度
<作り方>
  1. 1. 冷凍の場合は冷蔵庫内で一晩かけて解凍し、キッチンペーパーで肉の水分をよく拭き取る。
  2. 2. 調理台の上などに2~3時間置いて常温に戻す。
  3. 3. 水分が出た場合はキッチンペーパーで肉の水分をよく拭き取ってから、オリーブオイルとステーキスパイスを肉の表面全体にもみ込む。
  4. 4. 脂身がある部分を上にして天板に肉を置き、190℃で予熱したオーブンで焼き上げる。加熱時間はオーブンの出力や肉の大きさにより異なるため、20分焼いたところで肉の中心部の温度を計り、50℃まで上昇していない場合は10分ずつ追加する。
  5. 5. 肉の中心部の温度が50℃になったらオーブンのスイッチを切り、オーブンの庫内に15分ほど置いて予熱で火を入れる。中心部の温度が62℃になれば出来上がり。finished roast beef
  6. 6. 熱々のうちに切ると肉汁が流れ出てしまうので、粗熱を取ってから切り分ける。オーブンの天板にしたたり落ちた肉汁で作った「グレービーソース」を添えてもGOOD!

肉汁で作る、簡単&絶品「グレービーソース」

「グレービー」とは肉汁のこと。旨味たっぷりの肉汁を余すところなく使って、ローストビーフにぴったりのソースを作りましょう。

<材料>
  • 肉汁⋯⋯ローストビーフを焼いた際に出たものすべて
  • タマネギ(すりおろし)⋯⋯大さじ3~4
  • しょうゆ⋯⋯大さじ2
  • 砂糖⋯⋯大さじ1
  • ハチミツ⋯⋯大さじ1
<作り方>
  1. 1. 肉汁を小鍋に移し、そのほかの材料をすべて加えたら、よく混ぜながら煮詰める。
  2. 2. 何度か味見をして、好みの濃さになったら火を止める。
  3. 3. 粗熱が取れたら、切り分けたローストビーフにかけていただく。

上質な「サーロイン」と「リブロース」を使った料理は、食卓にのぼると幸せな気分になれるごちそうです。ぜひ作ってみてくださいね!

ミートガイのオススメ商品

  • グラスフェッドビーフ サーロインステーキ 270g
    グラスフェッドビーフ サーロインステーキ 270g
    1,260円
    オージービーフなので、シドニーストリップと呼ぶべきでしょうか?カンサスシティーストリップと同じカットなのですが、これはオーストラリア産。
  • グラスフェッドビーフ リブアイステーキ 270g
    グラスフェッドビーフ リブアイステーキ 270g
    1,260円
    大きくて、肉厚な骨無リブアイステーキ(リブロースステーキ)。オーストラリアではキューブロールと呼ばれる牛の部位。約270gのステーキ1枚。
  • The Meat Guyオリジナル ステーキ用スパイスミックス
    The Meat Guyオリジナル ステーキ用スパイスミックス
    450円
    TheMeatGuyオリジナルのステーキシーズニング。イタリア産天然海塩を使用したステーキ用のスパイスミックス。
  • USDAチョイス 超特大リブアイステーキ 350g
    USDAチョイス 超特大リブアイステーキ 350g
    3,100円
    350gの巨大さから、グリルに投げ込むときに「ブーン」という音がすることにちなんで名づけられたその名も『ブーン!ステーキ』(ミートガイ命名) 350g、16オンスの正真正銘アメリカンステーキです!
  • 【MRB】 サーロインステーキ 400g
    【MRB】 サーロインステーキ 400g
    5,980円
    やっと辿り着いた、究極のステーキ。普通のステーキとは一味も二味も違うモーガン牧場ビーフの400gサーロインステーキ。
  • (30%OFF)和牛 前沢 リブロースステーキ 400g【送料無料】
    (30%OFF)和牛 前沢 リブロースステーキ 400g【送料無料】

    通常価格: 10,340円

    : 7,238円

    ミートガイは前沢(岩手県)の牧場と提携し新しく和牛を取り扱います! こちらの牧場ではホルモン剤を使用せずに育てており、 徹底した衛生管理が整った最新の処理設備を持っています。 非常にやわらかく、食べると口の中でとろけますので、 ミディアムレアでお召し上がりください。

ユーザー

カテゴリから探す

ミートガイのご紹介

お得な情報が届きます!