盛り上がること間違いなし!肉がメインのパーティー料理レシピ

最終更新日 2022-06-22 | 公開日 2019-11-15

盛り上がること間違いなし!肉がメインのパーティー料理レシピ

ホームパーティーで何を出すか迷っているなら、お肉料理はいかが?

最近ホームパーティーが増えてきて「料理がマンネリ化してきた」というお悩みを抱えていませんか?
特別なイベントごとも、毎年繰り返すとメニューに困ってしまうこともあるかもしれません。そんな時におすすめしたいのが、見栄えが良く、かつ簡単にできるお肉料理です。
今回はパーティーで作って欲しい、オーブン料理はもちろん、オーブンを使わなくてもできるお肉のパーティーレシピを紹介します。

パーティーで便利な、簡単お肉レシピ3選

ご馳走は、食べる人のことを考えて作ることが鉄則です。ゲストや主役の好みを考えて料理を作れば、自然と食卓が笑顔になりますよ。ここからはパーティー料理でおすすめのお肉レシピを3品紹介します。

子どもからお年寄りまで食べやすい!豆腐入りミートローフ

豆腐入りミートローフ

子どもたちが集まるパーティーや、親戚を招いての食事会だと年齢層に合ったメニューを考えなくてはいけません。そんなときには柔らかくて見た目も華やかなミートローフを用意してはいかがでしょうか。お豆腐を入れることで、冷めてもふんわり柔らかいミートローフに仕上がります。

<材料>パウンド型1台分
ミートローフ 材料

★ 牛豚合い挽き肉 150g
★ 絹ごし豆腐 150g
★ 卵 1個
★ 乾燥パン粉 40g
★ 玉ねぎ 1/2個(みじん切り)
★ 塩 小さじ1/2
★ コショウ、ナツメグ 少々
・ゆで卵 3個
・にんじん 1/2本
・さやいんげん 6~8本

<作り方>

1. にんじんは5~8㎜角の棒状に切りそろえ、沸騰したお湯で2分ほど茹でます。さやいんげんも生の場合はお湯で1分間下茹でしましょう。

2. ボウルに★ の材料をすべて入れ、よくこねます。

3. パウンド型にオーブンシートを敷き、2. を1/3量入れて敷き詰めます。

4. ゆで卵を横に倒して 3. の中心に並べ、断面を想像しながら 1. の野菜を並べます。

ミートローフ 詰める

5. 残りの 2. を敷き詰め、180度に余熱したオーブンで40~50分焼きます。

6. しっかり冷ましてから切ると崩れにくくなります。ケチャップやハンバーグソースをお好みでかけてお召し上がりください。

オーブンが無くても大丈夫。じっくり煮込んだビーフシチュー

ビーフシチュー

パーティーにはオーブンを使った料理を出すと見栄えも良いのですが、ほかの料理でオーブンを使ってしまっている場合やそもそもオーブンが無いご家庭もありますよね。そんな時には、鍋さえあればできるビーフシチューがおすすめです。

<材料>4~5人分
ビーフシチュー 材料

・グラスフェッドビーフ 切り落とし 500g
・玉ねぎ 2個
・付け合わせ野菜(人参、ジャガイモ、ブロッコリー) 適量
・にんにく 1片
・塩こしょう 少々(肉の下味用)
・バター 15g
・赤ワイン 150㏄
・水 400㏄
・ローリエ 1枚
・ケチャップ 大さじ2
・デミグラスソース缶 1缶(300g前後)
・塩 小さじ1/3~お好みで(シチューの味付け用)

<作り方>

1. 牛肉に塩コショウを振ります。ブロック肉の場合は大きめに切ってインパクトを強めても良いでしょう。

2. 鍋にバターと 1. を入れ、全ての面に焼き色が付くまで中火で焼きます。

ビーフシチュー 焼く

3. 皮を剥きスライスしたにんにく、くし切り玉ねぎを入れて玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

4. 赤ワインを入れ、ワインの量が半分になるまで水分を飛ばします。

5. 水、ローリエ、ケチャップ、デミグラスソースを入れて中火でかき混ぜながら加熱し、アクを取った後は弱火で1時間半~2時間じっくり煮込みます。

ビーフシチュー 煮る

6. 付け合わせの野菜を調理しましょう。素揚げやボイル、グリルなどお好みで構いません。

7. 塩で味を調え、シチュー皿に 6. と一緒に盛り付ければ完成です。

主役はもちろん前菜にも!魚焼きグリルで作る簡単 ローストビーフ

ローストビーフ 盛り付け

出来立てのローストビーフを厚切りにしてステーキ感覚で食べる他、冷やしてから薄切りにしサラダの上に飾ったり、ピンチョスにしたりしても良いでしょう。木製のまな板の上に塊で置いておき、お好みの厚さに切り分けるスタイルも盛り上がります!

<材料>4~5人分
ローストビーフ 材料

・グラスフェッドビーフ サーロイン ブロック 500g
・塩 小さじ 1/2
・黒こしょう 少々
★ バルサミコ酢 大さじ3
★ 醤油 小さじ1

<作り方>

1. 必要に応じて、牛肉を魚焼きグリルに入る厚みになるようにカットします。牛肉を室温に戻し、塩コショウを手でこすり付けるようにつけていきましょう。

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、1. の全ての表面を焼き色が付くように強火で焼きます。

ローストビーフ 焼き目

3. アルミホイルで 2. をしっかりと包み、閉じ目を上向きにして魚焼きグリルの弱火で12分間加熱します。

ローストビーフ ホイル

4. 加熱後グリルに入れたまま(ホイルにも包んだまま)の状態にて、15分間放置して余熱で火を通し、落ち着かせます。

5. 4. のホイルを開き、肉をまな板に移して好みの厚さに切ります。★ の材料と肉汁をフライパンに移し、酸味を飛ばしてソースを作ります。

ローストビーフ 焼き上がり

6. 皿に盛り付けたら完成です! 冷蔵庫で冷やしてから切り、サラダにトッピングしてローストビーフサラダにしても豪華ですよ。

お肉料理レシピを成功させるためのポイント

ひき肉を使う料理はしっかり中まで火を通すことがポイントですが、火が通ったか心配なときは、加熱時間を少し長めにすると安心です。
ビーフシチューなどの煮込み料理は圧力鍋を使うと時間短縮することができますが、肉の繊維や細胞が不必要に壊されてしまい、旨味が肉から汁へと流れ出てしまいます。じっくりコトコト煮込むことがポイントです。

ローストビーフは加熱しすぎると切った時の断面が茶色っぽくなってしまい、加熱不足だと中心が生のままという場合もあります。魚焼きグリルに入る厚さで時間をしっかり守って調理すれば、失敗せずにローストビーフが作れますよ。

このほか、見栄えや好みに気を使うだけでなく、食べやすさや提供する料理の温度など、食べる人に合わせて気持ちを込めて作れば盛り上がること間違いなしです。食べる人の事を考え、おもてなしの心でお肉料理を準備しましょう!

このレシピで使った商品

ユーザー

カテゴリから探す

ミートガイのご紹介

お得な情報が届きます!