ミートガイ バーベキュー(BBQ)特集ページ

インスタ映え間違いなし!バーベキューの変わり種を楽しもう

ワニ肉のアヒージョ

定番の食材に飽きたら…絶対に盛り上がるバーベキュー食材

暖かくなると友人や家族とバーベキューを楽しむ機会が増えますが、どうしてもメニューがマンネリ化しがちになりませんか?
お家で開催する焼肉パーティーよりもエンターテイメント感が増すバーベキュー。せっかくですから、定番からランクアップして、変わり種メニューを楽しんでみませんか?
今回は、簡単にできるけど豪華に見える一品料理や、ちょっと変わり種の食材を使用した「面白いメニュー」をご紹介します。まずは身近な食材を使用した簡単なサイドメニューから見ていきましょう。

ダッチオーブンでピザ

ダッチオーブンでピザ

「バーベキューでピザ?」と思うかもしれませんが、お外で食べるピザは絶品です! お好みの具を好きなだけ乗せることができるのも、手作りならでは。最近では冷凍ピザ生地も販売されていますが、今回は生地作りが5分でできてしまう発酵なしのピザ生地レシピをご紹介します。ダッチオーブンで作ることができますので、ぜひお試しください。

24㎝のダッチオーブンの場合

<材料>

薄力粉150g
ベーキングパウダー 4g
砂糖小さじ 1/2
塩小さじ1/4
水80ml

<作り方>

水以外の材料を全部ボウルに入れ、最後に水加えてこねるだけ。
この時、こねすぎてしまうと伸ばしにくくなってしまうので軽くまとまる程度にこねましょう。出来上がった生地は、クッキングシートや食材がくっつかない加工が施してあるアルミホイルの上で手を押し付けるように円状に伸ばします。伸ばした後はピザソースや野菜、チーズを載せてダッチオーブンに入れて蓋をし、炭火の上に置くだけ。
焼き方は、中火の近火(熱い炭の上に直接ダッチオーブンを乗せてOK)と、ダッチオーブンの蓋の上にもぎっしり炭を乗せます。5分~7分もしたらピザの完成です。

スキレットでアヒージョ

スキレットでアヒージョ

スキレットにオリーブオイルを4㎜程入れ、ガーリックチップとエビや玉ねぎ、パプリカなどの具材を入れて弱火~中火で煮込みます。食材に火が通ったら完成! お好みで塩と胡椒をかけ、フランスパンをスライスしたものにアヒージョを乗せて楽しみましょう。
オイルが残っていれば、ほかの具材でもアヒージョが楽しめます。ニンニクは加熱し続けていると焦げてくるので、大きめに切ってオイルの中に残らないように食べてください。シイタケやエリンギ、鶏肉、ホタテもおすすめ食材です。

ミックスジュースBar

ミックスジュースBar

小さい子どもたちもドリンクを作って楽しめるように、ミックスジュースを作ることができるコーナーを作ってみてはいかがでしょうか。
市販のオレンジジュースや炭酸飲料・牛乳などを用意して、ただ混ぜるのも良いですが、電源や水場が確保できる場合はミキサーを据え置きして、生のフルーツをその場でミキサーにかけてフレッシュジュースを作ることもできます。大人には、白ワインとフルーツで作るカクテル風ミックスジュースもおすすめです。
生のフルーツにはタンパク質を分解する酵素が含まれているので、消化のスピードを速めてくれる効果も期待できますよ。

初心者でも大丈夫! 味付けバリエで雰囲気に変化を

一品料理を増やしても、「バーベキューではやっぱり肉をたくさん食べたい!」という人も多いはず。肉が主役のバーベキューのテイストを変えるために、いつも食べている定番のお肉の味付けを工夫してみてはいかがでしょうか。同じお肉でも、フレーバーを変えればバリエーションは無限大です!

レモン汁とハーブソルトでイタリアン風

レモン汁とイタリアンソルト

<材料>

鶏肉300g
レモン汁大さじ1
砂糖・鶏がらスープの素を小さじ1
片栗粉を大さじ1
ハーブソルトとおろしニンニクを小さじ1/2

<作り方>

材料をすべてポリ袋に入れ、30分~1晩漬けてから焼きましょう。鶏肉はもも肉でも胸肉でも、手羽先でも美味しく仕上がります。

ニンニクとショウガでスタミナ味

ニンニクとショウガでスタミナ味

次の日の予定がなければ、しっかりニンニクの効いた元気が出そうな味のお肉はいかがでしょうか。

<材料>

300gの食べやすく切った肉
醤油と砂糖 各大さじ3
ニンニクとショウガのすりおろし 各大さじ1/2

<作り方>

材料をポリ袋に入れて揉み込みます。一晩寝かせた食べごろを焼いてください。
しっかりめの味付けなので、お酒も進むこと間違いなしです! 食べる際にニラと醤油を漬け込んだ「ニラ醤油」を添えれば、ビールが進む進む!

コチュジャンで甘辛い大人の焼肉

コチュジャンで甘辛い大人の焼肉

辛い物好きな大人たちの集まりであれば、よりパンチのきいたお肉が喜ばれるはずです。コチュジャンを使うと手軽に甘辛く味付けができます。

<材料>

焼き肉用に切った肉300g
コチュジャン大さじ1.5
醤油・砂糖・ごま油 各小さじ1

<作り方>

上記材料をポリ袋に入れて軽く揉んで焼くだけです。もっと辛さを求める人は、一味唐辛子か七味唐辛子とコショウを追加するとインパクトが増します。

人気者になれる! 変わり肉を試すならバーベキューがおすすめ

普段家庭で食べるお肉は牛肉・豚肉・鶏肉が定番ですが、お肉の種類はその他にもたくさんありますよね。家ではなかなか試せないお肉でも、人が多く集まるバーベキューは挑戦してみる絶好の機会です!

ダチョウ肉の焼きしゃぶ

ダチョウ肉の焼きしゃぶ

ダチョウ肉の味はさっぱりした牛肉のよう。噛めば噛むほど旨味が染み出てきます。 ダチョウ肉は半解凍のまま薄めに切り、両面をさっとあぶります。大根おろしやオニオンスライスを添え、ポン酢でいただくのがおすすめです。

ウサギ肉の香草焼き

ウサギ肉の香草焼き

ウサギの肉は筋肉質でぷにっとした食感が特徴です。味が気になる人もいるかもしれないので、ハーブの香りをまとわせて調理すると万人受けします。

<材料>

ウサギのモモ肉 1かたまり
白ワイン 大さじ1
ローズマリーやオレガノ 1つまみ
塩小さじ 1/3

<作り方>

15分マリネし、ホイルで包み焼きにします。弱火~中火で10分ほどで焼きあがります。

カンガルー肉のステーキ

カンガルー肉のステーキ

カンガルーの肉は見た目は牛肉なのですが、牛肉よりも柔らかい食感です。ワイルドな風味があるので、濃いめのステーキソースやタレを用意しておくのがおすすめです。
カンガルーのブロック肉(約200g)の表面を焼き色がつくまで焼き、ホイルの中で休ませます。この時、バーベキューコンロの近くで60度前後に保温をしながら3~40分休ませましょう。柔らかい肉質を最大限に楽しむため、ミディアムレアでいただくのがおすすめです。

ワニ肉のアヒージョ

ワニ肉のアヒージョ

スキレットでワニ肉とニンニク、赤パプリカをアヒージョにします。

<材料>

食べやすい大きさに切ったワニ肉
オリーブオイル(スキレットに4㎜程)
大きめに切ったニンニク
カットした赤パプリカ 適量

<作り方>

1スキレットにオリーブオイルを4mm程度入れて、大きめにカットしたニンニク、ワニ肉、パプリカを入れ弱火~中火で煮ます。ワニ肉が白くなれば火が通った合図です。塩や黒コショウで味をつけ、そのまま食べたりバケットに乗せて召し上がれ!今回は 「味付けワニ キューブ」 をそのままアヒージョにしました。

変わり種でバーベキューをより一層盛り上げよう!

以上、バーベキューの時にあると盛り上がるメニューから、話題性抜群の変わり肉のご紹介でした。一人では食べることのない変わり種のお肉も、大勢で少しずつ食べるのならチャレンジしてみたくなりませんか?
仲間と面白さを共有でき、きっと記憶に残るバーベキューになるはずです! ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

ライター
井澤綾華
プロフィール:
管理栄養士の資格を持ち、レシピ開発や食に関する記事を数多く手掛ける。北海道の玉ねぎ農家の嫁。その目線で、北海道新聞にて毎月食と農をつなぐコラムを掲載中(2019年6月現在)。食べる人に寄り添った、食に関する情報をジャンルにとらわれず発信しています。

ミートガイ バーベキュー(BBQ)特集ページ

このレシピで使用された商品

ユーザー

カテゴリから探す

ミートガイのご紹介

お得な情報が届きます!