お肉の食材

   無添加商品
   ホルモン剤不使用
   低コレステロール
   グラスフェッドビーフ

   モーガ ン牧場ビーフ
   和牛
   US ビーフ
   オージービーフ
   鶏肉
   豚肉
   羊肉
   七面鳥肉
   子牛肉
   カンガルー肉
  
その他肉類

   ステー キ・チョップ
   ローストに オススメ

肉加工品

   ソーセージ・ミートボール
   パ テ・ハンバーガー
   味付 け串用肉
   ハム・サラミ
   ベーコン

チーズ・デセール

   チーズ
   スイーツ・ケーキ


冷凍食品

   ミートパイ・ポテト等
   トルティーヤ・バンズ
   フルーツ・野菜

ドライグッズ

   ドライ商品
   スパイス・調味料・ ソース

注目・その他

   新着商品
   ランキング
   初めての方に おすすめ
   お得なセット・ギフト
   送料無料商品
   ミートガイオリジナル
   ベジタリアン

   調理器具類・非食品
   個人輸入 

   ペット用
 
営業日

7月営業日

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

8月営業日

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※ 赤字が定休日になります。

How to

FAQ

お問い合わせ



会社紹介


アイオブラウンドロースト ブロック 

アイオブラウンドロースト ブロック 
商品番号 B123
内容量 約 2.2 Kg
単価 6,690 円/pc
価格 6,690 円
売り切れ



モモの中心部分で運動量が多いためきめが粗く、脂肪が少ない部位ですがロースト用のお肉として人気のある部位です。国内では、この部分のブロックのみで販売されることは珍しいのですが、ローストにするととてもおいしい部位です。味の濃さが他の部位より抜群なので是非美味しく召し上がっていただく為に、この部位にあった調理方法でお召し上がりください。一番のおススメは「丸ごとロースト」。「アイオブラウンドロースト」の名前を耳にするだけでよだれが出ちゃう人もいるくらい人気の部位で、じっくりと火を通すことでお肉の旨味をお楽しみいただけます。その他にはカレー・シチュー・ポトフなどの煮込み料理や自家製コンビーフの材料にもなります。シルバーサイドをカットした際この部分だけ残すようにしていますが、在庫数は限られています。


約2.2kg





・ローストビーフ
・焼肉
・タタキ
・ポットロースト(塊肉を鍋でゆっくり時間をかけて調理する料理)
・シュラスコ(シュハスコ)
・ローストビーフサンド


アイオブラウンド真空調理

真空調理法(sous-vide)とは、調理したい食材を防水の袋に入れて、材料に応じた時間と(最高でも100℃以下の)お湯につけて調理する方法です。

この真空調理法の良いところは・・・
●低温でゆっくり調理するためコラーゲンの繊維を自然に柔らかくする時 間があるためお肉柔らかく仕上がる。
●タンパク質は温度が63℃から凝固を始め、68℃から水分を分離し始めるが、真空調理法では63℃以下で調理するのでジューシーに仕上がる

安全面で調理の際に気を付けなければならない点は・・・
●調理温度は従来の方法(焼く、蒸す、茹でる)よりも低いため(一般的に安 全な調理温度は63℃以上と言われていますが、真空調理は63℃以下で調理することもあります。今回はミディアムレアにするため55℃で調理しました)安全に調理するにはお湯の温度が40℃台に ならないようにすることです。40℃台になると細菌やボツリヌス菌が発生しやすくなるので気を付けなければいけません。
●免疫力に自信がない方、お腹が弱い方はやめておいた方がよいかもしれません。



【材料】
  • お肉(何でもよいが牛肉、特にアイオブラウンドがおすすめ).....お好みの量
  • グロッソ(海塩).....適量
  • オールマイティースパイス.....適量
  • ビール.....適量
  • 大きめの石(あらかじめ洗って、できれば煮沸消毒しておく)
  • プラスチックの袋
  • 1. まずは、美味しそうなお肉をじっくりと眺めて堪能してください。

    2. 全体にグロッソ(塩)を塗します。

    3. スパイスをお肉全体に塗します。

    4. 袋に石、お肉、ビールを順に入れます。

    5. 袋の中にある空気をすべて出します。プラスチックの袋の口を開けた状態で袋に水が入らないように少しずつ沈めていき、空気が抜けた状態で口を縛ります。

    6. クーラーボックスにお湯をいっぱい入れでプラスチックに入れたお肉を沈めます。今回は55℃にしたかったので、熱湯をまず入れて、その後水道から出るお湯で温度を調節しました。まずは、高めの温度にしておいてお肉を入れて10分後に温度が下がっているようだったら熱湯を入れて調節します。

    7. クーラーの蓋を閉めて待ちます。 今回は、8時間お湯に入れて調理ました。8時間後に取り出した時の温度は54℃でした。 8時間以上お湯に入れておく場合は必ず途中で適切な温度になるように熱湯をたしてください。(40度台まで下がると危険です!)

    8. 袋をクーラーから取り出します。

    9. こんなにきれいにできました!低温で調理したのでお肉の繊維が縮こまることなくきれいな状態に!

    10. 中はきれいなピンク色で肉汁も出ていません。しっかり火が通っている証拠♪

    11. この状態でももちろん食べれますが、今回は外面をこんがりさせるためにバターで焼きました。

    12. バターが溶けたらお肉を入れます。

    13. 黄金色に!

    14. 出来上がり!


    スライスしてグロッソを少し振り掛ければさらに美味しくなります。


    ▼氷水解凍
    手間と時間がかかりますが、最もオススメな解凍方法!
    水漏れしないよう2重にビニール袋に入れた後、氷水に浸し、さらに完全に解凍するまで適宜氷を追加してください。1kgあたり3時間が目安です。(あくまで目安ですので、商品の種類、パッケージ状況によってはかなりの差が出ます。)
    美味しく解凍する為のポイントは、お肉の表面温度を低く保ちながらの最短解凍です!マイナス2℃程度ですと、解凍後のお肉の状態もよくなります。

    ▼冷蔵庫内での自然解凍
    多少時間がかかりますが、こちらも旨みと品質を保ちながら解凍できる方法です。
    溶け出てくる血や肉汁が他の食品に付かないよう、2重のビニール袋に入れるか、または容器に入れて解凍してください。時間の目安は1kgあたり約24時間ですが、やはり状況によっては差が出てきます。冷凍お肉の外側と中心部の温度差が少ない状態で解凍されてゆくのでお肉の旨み成分である肉汁の流出を最小限に抑えることができます。


    冷凍発送


    ---------------------------------
    ラベル表示:(仕入や在庫状況によりパッケージ、規格などが多少違う場合がございます)
    原材料: 牛肉
    内容量: 約2.2kg
    保存方法: 要冷凍-18℃以下
    原産国: オーストラリア
    ---------------------------------



    NO/X = does not contain / 含まれない
    YES/O  = does contain
    /含まれる




    商品レビュー

    レビューはまだありません